ナース人材バンク

ナース人材バンクのコンサルタント

更新日:

簡単に登録が可能

ナース人材バンクの利用の流れ

ナース人材バンクの登録〜転職までの過程は以下のようになっています——

1.登録

電話、または公式サイトで簡単に登録が可能です。

登録するデータは、名前、生年月日、住所、郵便番号、携帯電話番号、メールアドレス、就業形態(常勤、非常勤)、入職希望時期などです。

電話の場合もフリーダイヤルが用意されているので、無料で登録ができます。

2.担当コンサルタントと連絡

登録した後、該当地域担当の専任コンサルタントから電話がかかってきます。

もし電話よりメールでの連絡がいいなら、この時点でその旨を伝えておきましょう。

3.コンサルタントとの相談

希望条件を担当コンサルタントに伝えていきます。しばらくすれば、それに合致する求人を紹介してくれます。

もし希望と異なる求人をすすめてきたり、コンサルタントとの相性が悪いと感じたら、サイト側に遠慮なく伝えましょう。コンサルタントを変えることができます。

4.面接の設定と交渉

希望の条件に合った求人があり、こちらが「応募したい」と伝えれば、コンサルタントが面接の日程を決めてくれます。

面接にはコンサルタントも同席しますので、初めての転職で面接に不慣れな人でも安心です。

また、本人にはなかなか言いづらい給与などの条件交渉についても、コンサルタントが代わって行ってくれますので、気まずくならずにすみます。

5.内定、およびその後の交渉

内定ということになると、入職するかどうか意思確認のための連絡がきます。

「入職する」と返事をすると、その事業所と雇用契約書を交わす段階に入ります。これで採用決定というわけです。

コンサルタントは入職後も引き続きサポートを担当してくれるので、雇用契約書と違うようなことがあれば代わりに対応してもらえます。

このほか、退職交渉、復職前の準備などについてもアドバイスしてくれますから、なるべくこまめに連絡を取り、コミュニケーションを欠かさないようにしましょう。

ナース人材バンクの特徴とは?

求人数が多い

ナース人材バンクのサイトでは、約18万〜20万という膨大な数の求人が扱われています(非公開のものも含みます)。

サイトを実際にチェックしてみると、そのデータの多さに圧倒されるほどです。

各種の医療機関や病院の数というのは、どうしても人口密度に左右されます。そのため、首都圏や京阪神といった人口密集地帯に医療機関が集まり、その地域での求人が多くなっています。

しかし、ナース人材バンクの場合、全国対応とうたっているだけに、上記以外の地方での求人もしっかりカバー。ここは大きな特徴といえます。

集められた求人情報のうち、やはり病棟を備えた総合病院か、一般病院のものが最も多くなっています。もちろん個人のクリニックをはじめ、老人ホーム、デイケアセンターなどの介護施設、さらに少数ではありますが訪問看護、健診センター、企業などの募集も扱われています。

病院以外に就職を希望する看護師もいらっしゃるので、そのニーズにしっかり応えているわけです。

サービスが充実している

登録すれば専任コンサルタントがつき、求人紹介のほかにも、応募書類の添削、面接日程の調整などの雑務を行ってくれます。

初めて転職する場合など、応募書類をどう書けばいいのか分からないものです。
そういう時に添削を頼めるというのは、大変助かります。

さらに面接の席にも専任コンサルタントが一緒にいてくれます。とにかく面倒なことをすべておまかせできるので、転職に伴いがちなストレスが最小限ですみます。

-ナース人材バンク

Copyright© 『本当に見つかった!ナース人材バンクの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.