ナース人材バンク

ナース人材バンクの紹介手数料

更新日:

転職に成功した女性

ナース人材バンクとは?

ナース人材バンクの運営会社は、東証一部上場企業のエス・エム・エス。メディカル系の転職支援サービスを業務としています。

特筆すべきは、転職に成功した利用者の数——。年間でおよそ10万人に及び、これはほかの看護師求人サイトよりはるかに多くなっています。

それだけ登録者が多く、年配の看護師さん、まだ仕事についていない看護学生の間でも知名度は抜群です。

ナース人材バンクは紹介手数料を取らない

最近の医療機関での人手不足を反映しているのか、看護師転職サイトもその数が増えました。

登録自体は無料のところが多いのですが、求人を紹介してもらった時、「紹介手数料」を支払わなければならないサイトもあります。

その額は看護師転職サイトによって異なり、中には転職後の年収の10%〜30%を手数料としているところもあります。新しい勤務先での年収が400万円、紹介手数料が20%だとすると、その額は80万円——。かなり高額といえるでしょう。

支払い方法は様々のようですが、内定後に一括して支払わなければならないところもあるので、登録の際も注意が必要になります。

ではナース人材バンクはどうなのかというと、利用者が紹介手数料を支払う必要はありません。

おまけに登録料も発生しないので、転職までの数々のサービスを全くの無料で利用することができるのです。

「非公開求人」について

ナース人材バンクに登録すれば、もちろん公開求人は紹介されますが、「非公開求人」を行っている医療機関からも紹介を受けることができます。

この求人は文字通り一般には非公開となっているのですが、なぜそんなことをするのでしょう?

その理由は以下の通りです——

・好条件の求人を一般公開すると応募が殺到してしまう

もしナース人材バンクで条件の良い求人を一般に公開すると、応募する人の数が膨大なものとなります。

そうなると、採用担当者の負担が大変で、ほかの求人への対応にも支障が生じてしまいます。

そこであえて一部の人だけが見られる非公開にして、応募者を少なくすることにしたのです。

非公開求人により効率があがる

非公開にすることで、ナース人材バンクのコンサルタントがマッチングの判断をしやすくなります。つまりまず看護師さんのヒアリングを行い、その人の条件や資質に応じて、非公開求人のなかから求人を選ぶわけです。

これなら1通1通の書類に目を通す必要もなく、医療機関、看護師双方にメリットのある結果が得られます。

非公開求人にすると内部の混乱が防げる

ある病院が働き手を募集しているとしても、そこが人手不足だとしたらハードワークが予想されます。少しでも良い条件を出さないと看護師は応募してきません。

しかしそれが高待遇すぎると元から働いていた看護師さんとの間で格差が生まれ、不平不満が生じることになります。

そのような事態にならないためにも、非公開求人に限定するという医療機関が多くなっているのです。

このように、非公開求人は医療機関と看護師の双方にメリットがあり、またこの非公開求人をどのくらいの数用意しているかで、そのサイトの評判も決まってきます。

ナース人材バンクにはこの非公開求人が多く、それが好評を博している理由のひとつとなっています。

-ナース人材バンク

Copyright© 『本当に見つかった!ナース人材バンクの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.